Pressrelease

【Flare】日経ソーシャルビジネスコンテスト「学生部門賞」受賞!

 2020年度に開催された第4回「日経ソーシャルビジネスコンテスト」にて、一般社団法人Sustainable Gameは学生部門賞を受賞し賞金 10万円を獲得しました。

◆日経ソーシャルビジネスコンテストとは

 このイベントは、ソーシャルビジネスの裾野拡大のために、新たな社会課題解決のビジネスアイデアを生み出すべく設立されたコンテストです。Sustainable Gameが応募した第4回は、「ESG投資(=環境・社会・企業統治に配慮している企業を重視・選別して行う投資)」が世界的に注目されているたり、経営における「CSV(=企業は社会と共有できる価値を創出すべき)」の考え方も広がりつつある中、国連が設定した「SDGs(=持続可能な開発目標)」にいかに取り組むか。SDGsの普及、促進のため、17の開発目標のうちいずれかを解決するアイデア、ビジネスモデルを明示して応募するものでした。
(日経ソーシャルビジネスコンテスト公式サイトより)

◆Flare -ESG事業の次世代共創と教育を目的としたオンラインプラットフォーム-

 今回受賞した「Flare」というビジネスアイデアは、昨年度よりSG内で新設されたフレアチームが製作しているもので、社会に対して関心が高い中高生と企業がESG課題解決に向けてオンラインで共創を行えるプラットフォームです。包括的で倫理的な意思決定を行える場は企業のESG課題への対応の速さと次世代のニーズへのコミットメントを向上を目的としています。

 このアイデアが受賞した理由としては、「子どもの意見表明は、子どもの権利条約の中でも、最も日本が弱いところ。そこに直結し、かつ、参加しやすい仕組みとして優れている。」、「取組みをスケールさせたり継続させたりするためにビジネス収支ではなく運営高校生の代替わりというのは斬新でまた取組みとのフィットもあり可能性を感じた。」など、審査員から上げて頂きました。

 現在このFlereは、より多くの方がご利用しやすいシステム構築に向けてWEBサービスとしてのローンチ準備を進めております。

◆受賞チームリーダーの感想

 今回の受賞に対し、当時フレアチームリーダーの樋澤秀悟君は「今回のコンテストでは、フレアの事業内容やプレゼンの仕方などに対して具体的なアドバイスを頂ただき、多くのことを学んだとともに、私自身が今後学ばなければいけないこと、やらなきゃいけないこと、また将来像などが少しずつ鮮明に明確になりました。現在フレアチームではプログラム内容の見直し、そして企業との連携、それからプラットフォームの本格的な構築等を、チーム一丸となって、サービス開始に向かって取り組んでおります。私たちが目指す年齢も生まれた環境も関係なく、みんなで地球の価値を高める時代の創出へ向けて、私たち一般社団法人SustainableGameは精一杯活動してまいります。今後ともよろしくお願いいたします。」と述べています。

◆中高生が運営する、一般社団法人Sustainable Game

 「Be a Social Tackler. 愛を持って社会に突っ込め」を理念に活動するSustainable Gameは、社会を「誰一人取りこぼさない世界を作るゲーム」であると捉え、「自立した他者を大切にする心と責任を持つ人」を生み出すことでサステナブルな世界を創造するために活動しております。私たちのミッションを共に共有し、今回受賞したこのFlareのプロジェクトの運営に関わりたい同世代・企業を募集しています
今後ともよろしくお願いいたします。